<   2018年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
山藤とオオルリ
ブログも、休み癖が着いてしまいました。
忙しいのもありますが・・・・
時折 朝だけ、息抜きの撮影に裏山へ

1度だけ、藤の花の近くに
f0221514_15281942.jpg


f0221514_15282237.jpg

by paseri03 | 2018-04-28 15:32 |
4月分

花筏

形態

落葉性の低木で、高さは2m程度、太くはならない。若い枝は緑色で無毛、あまり木質でない。葉は互生、楕円形で長さ6-12cm、楕円形で浅い緑色で柔らかい。その縁は低い鋸歯になっており、それぞれの先端が少し突き出す。

雌雄異株。花は淡緑色で、子房下位、花弁は3-4枚。春に葉の中央に1-2個(雌花)または数個(雄花)の花が咲く。果実は黒い液果で種子を2-4個含む。この液果は甘味があり食べられる。

花の位置について

花とは、本来は一つの枝の先端に生殖用の葉が集まったものであり、芽の出来る位置に作られる。従って通常は葉に花が付くことはない。この植物の場合、進化的には花序葉腋から出たもので、その軸が葉の主脈と癒合したためにこの形になったと考えられる。

名前の由来は花筏であり、花の載った葉をに見立てたものである。


ウィキより
f0221514_15340847.jpg
花筏に似た花
梛筏
「ルスクス・ヒポフィルム」


f0221514_16050567.jpg

f0221514_16051057.jpg



竪穴式住居
四十柄が、孵った雛の糞を運び出しています。
f0221514_15342306.jpg
餌運びに大忙し
f0221514_15342164.jpg
おまけ
ソウシチョウ
f0221514_15342628.jpg
キセキレイ
f0221514_15342821.jpg
いつもの所に帰ってきた
キビタキ
f0221514_15462806.jpg


f0221514_15463836.jpg
4月15日
今年のコマドリとは、相性が悪くて撮れませんでした。
さえずりは、よく聞こえるのです。
やっと、見つけたと思っても、抜けません。
目と目が合って、逃げてゆく・・・・
f0221514_15501865.jpg

f0221514_15543267.jpg
リスさんとは、愛称◎
f0221514_15504304.jpg

f0221514_16081304.jpg

f0221514_16081988.jpg

f0221514_16082232.jpg




by paseri03 | 2018-04-28 15:00