北へ
ちょっと、そこまで?行ってきました。
昆布



f0221514_09205017.jpg

釣り人

f0221514_09174521.jpg

釣られた魚
f0221514_09204467.jpg


緑鳩
f0221514_09155339.jpg


f0221514_09160335.jpg


f0221514_09162327.jpg



f0221514_09161674.jpg



f0221514_09163327.jpg





# by paseri03 | 2017-06-30 09:28 |
続 何羽かなぁ~
5羽 居ました。♪♪ ♪


f0221514_19342058.jpg

お昼ご飯は「ねずみ」
f0221514_19344101.jpg

f0221514_19342758.jpg
3時のおやつは、トカゲ
f0221514_19345417.jpg
f0221514_19460531.jpg




おまけ
イワツバメ

f0221514_19402156.jpg

f0221514_19402415.jpg

f0221514_19402973.jpg





# by paseri03 | 2017-06-22 19:47 |
コチドリの擬傷行動

チドリの種類の多くは海岸や川原に窪みを作って卵を産むため、樹上に巣を作る鳥とは違い、タヌキをはじめとするケモノたちからの危険にさらされやすい環境にいます
そこで、チドリは敵が近づくと静かに巣を離れて地面で体をばたつかせるなどして、ケモノたちの注意を集めます。
飛べない振りをして、敵が我が身を捕まえる寸前まで引き付けると飛び立つという頭脳作戦ともいうべき防衛策を身につけたのです。
鳥であっても、我が身の危険をかえりみず、命懸けで卵やヒナを守る習性を持つのです。

あまりにも、必死な姿に親の無償の愛を感じました。
早々に立ち去ります。
ごめんね。



f0221514_19112540.jpg


f0221514_19113609.jpg


f0221514_19123803.jpg


f0221514_19123538.jpg


f0221514_19114629.jpg


f0221514_19115015.jpg

「神戸の野鳥観察記」より抜粋

 擬傷はそんなに頻繁に使う手でない。コチドリの巣はこれまで多数見ているが、積極的な擬傷に出くわしたのはたった一回きりである。擬傷は孵化に間近い巣や、雨の強い日によく行なうという。卵や雛がぬれるとその生存に危険があり、一刻も早くその場を立ち去ってもらわなければ困るような時である。






# by paseri03 | 2017-06-22 19:31 |
少しお疲れ父さん
18日 父の日のキビタキ父さんです。
f0221514_07352187.jpg

# by paseri03 | 2017-06-20 07:37 |
おちびちゃん

ちび蟷
f0221514_19375006.jpg
ちび玉

f0221514_19380527.jpg
ちょっと大きめの、ちび鳬
f0221514_19380990.jpg
(ノ゚ο゚)ノ オオォォォ-長元坊
f0221514_19381318.jpg
ちび長元
5日で、すごく大きくなってる。
ペンペンと残っていた産毛も無くなりつつ
巣立ちも近いかな・・・

f0221514_19381511.jpg

# by paseri03 | 2017-06-19 19:49